内視鏡

当院の特徴

最新の設備の導入と徹底した衛生管理
オリンパス製最上位内視鏡システムを使用して精度高く、かつ安全な検査を実施しています。NBIシステム(特殊な波長の光を照射し病変を強調して観察出来る)により、早期がんの診断や病変の悪性度の診断を行います。また内視鏡の洗浄は日本内視鏡技師会ガイドラインに沿った内視鏡洗浄機による洗浄・消毒、それ以外の器具も超音波洗浄・高圧滅菌消毒を行っております。
苦痛の少ない内視鏡検査
鎮静剤などを用いることによって、半分眠ったような状態で楽に検査を受ける事が可能です。空気よりも生体吸収性が優れている炭酸ガスを使用し、検査後のお腹の張りや不快感をなくす工夫をしています。
負担の軽減
当クリニックでは胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に続けて行う事ができます。検査時間は両方併せて30分程度です。肉体的負担が少なく、そして何度も通院する手間が省け、費用負担も減らす事が出来ます。
カプセル内視鏡の導入(大腸・小腸)
東京都新宿区のクリニックのなかで、一番最初(2014年1月)に大腸用カプセル内視鏡「PillCam COLON2」を導入しました。従来の小腸用カプセル内視鏡検査と併せて大腸カプセル内視鏡検査にも対応しました。
女性常勤医師による女性のための内視鏡検査日
女性常勤医師による胃・大腸内視鏡検査を(火・水・金・土)実施しております。恥ずかしさや恐怖心からこれまで検査をためらってきた方に安心して検査を受けて頂けるように体制を整えております。